黒猫のRaspberry Pi

Raspberry Piを使う上で学習したことをまとめるブログです。

Raspberry Piに使用する電源

Raspberry Piの電源は、micro-USBで供給します。
電圧は5Vで、最大電流はモデルにより違うようですが、Model Aは500-700mA、Model Bは700-1200mAとなります。

パソコンのUSBポートは、5V500mAの場合が多く。ノートPCでは、500mAもない可能性があります。
よって、パソコンのUSBポートでは電流が足りません。

Raspberry Piで推奨されている電源は、スマートフォンの充電器です。
自分はNuxus7の電源を使用してますが、5V2Aの供給が可能です。

f:id:blackcatdelta:20130920160139j:plain



スマートフォンの充電器には、供給できる電圧と電流が書かれているため確認します。
電流を1200mAをギリギリ供給できるものではなく、2Aぐらい余裕をもったものを使用した方がよいです。
せめて1.5Aを供給できる充電器を使用します。