黒猫のRaspberry Pi

Raspberry Piを使う上で学習したことをまとめるブログです。

Raspberry Piの有線LAN接続

Raspberry Piの初回起動時には、USBマウス、USBキーボードを使っていたが、ごちゃごちゃ繋がっているのは邪魔なので、SSHで操作することにする。
まずは、SSH接続するために、ネットワークに繋ぐ。

まずはRaspberry PiとルータをLANケーブルで接続する。
自宅のルータは、DHCPサーバ機能により、LAN接続時に、自動でIPを割り当てている。
そのため、Raspberry PiにLANケーブルを接続すれば、IPが割り当てられ、ネットワークに繋がる。

LANケーブルを接続したら、以下のコマンドを入力し、ネットワークの接続状況を調べる。

$ifconfig

すると以下の情報が出力される。

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr b8:27:eb:e8:69:45
inet addr:192.168.11.4 Bcast:192.168.11.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:11509 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:4721 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:889174 (868.3 KiB) TX bytes:427564 (417.5 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 B) TX bytes:0 (0.0 B)



inet addrに割り当てられたIPが表示されていれば、ネットワークへの接続は一応完了。

一応、pingを入力して、パケットの送受信を確認する。
$ ping -c 10 192.168.11.1

PING 192.168.11.1 (192.168.11.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=1 ttl=64 time=6.74 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=2 ttl=64 time=3.31 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=3 ttl=64 time=6.72 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=4 ttl=64 time=3.30 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=5 ttl=64 time=3.25 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=6 ttl=64 time=3.71 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=7 ttl=64 time=3.16 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=8 ttl=64 time=2.78 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=9 ttl=64 time=5.85 ms
64 bytes from 192.168.11.1: icmp_req=10 ttl=64 time=2.81 ms

--- 192.168.11.1 ping statistics ---
10 packets transmitted, 10 received, 0% packet loss, time 9013ms
rtt min/avg/max/mdev = 2.788/4.169/6.740/1.525 ms

パケットの送受信が確認できれば完了。